アトピー、アレルギー持ちの30代サラリーマンblog

生まれたときからアレルギーと向き合い、生まれた子供もアレルギーでした(父も祖父も喘息でした。)。連鎖を断ち切るべくアレルギーを飼い慣らし、豊かな人生を送るために日々勉強しています。

子供のアレルギー反応で勉強になった話

こんにちは

自分や知り合いの子供のアレルギー反応が、多種多様で貴重な経験になったので何個か紹介したいと思います。


赤ちゃんの時に顔にひどい乳児湿疹ができました。この原因は胎内にいたときと母乳を飲んでいるときに不要なものを取り込んでしまい、それを排出するための作用です。何世代にも渡った結果だという考え方もあるそうです。
掻かせてはいけないと思い、掻きづらくするためにミトンをつけました。これは後になって夫婦揃ってむちゃくちゃ後悔しました。もし自分が痒いのにかけない状態になったら気が狂ってしまうと思います。もし次に同じ状態になったら、好きなだけ掻かせてあげようと思っています。赤ちゃんは無駄なことは一切しないので危険でなければ邪魔はしない方が賢明だと気づかされました。子供が成長したら謝ろうと思います。ただ理解ができるようになったら、掻きグセつかないようには注意します。

歩けるようになってから、何回かアレルギー症状を起こすときがありました。

一つ目が牛肉を炒めていたときです。炒めるときの匂いか雰囲気を口か皮膚から体に取り込んでしまい、顔の一部が倍に腫れるくらいにアレルギー反応を出しました。口から入れるときだけ反応すると思っていたので衝撃でした。

確かに最近香害と言われるほど、香り付洗濯洗剤の匂いを嗅いだだけでアレルギー反応を起こす人もいるので不思議ではないですね。

二つ目がおでかけのときに建物に入り、何でもないところに行ったときです。そこから出たあと明らかにかゆみが強くなっていました。未だに原因がわかりません。少しホコリっぽかったか、そもそも体の中に不要なものを溜め込んでいて化学物質か何かに接触したことがトリガになって、症状が出たのかもしれません。何とも不思議な経験でした。

三つ目が農薬を使ったご飯が体に触れただけでアレルギー反応が出たと言う話です。元々素性がよくわかっていなかったお米を炊き、たまたま子供の体について反応が出ました。すごいレベルのセンサがついてるなと思いました。私も気圧の変化を探知できる喘息持ち気管支を持っていますが、それよりも遥かに敏感です。

今の心境では反応が即出てもらった方が本人や家族が考えさせられますのでとてもいいことだと思っています。逆に何も反応せず、ある日突然とんでもない症状が出ても大変なのである意味で感謝しています。

アレルギー持ちの人は総じてIQが高かったり、寿命が長い傾向にあるらしいです。小さい頃から、何で痒いんだろうとか何でこれは食べては行けないのだろうとか、普通の人が考えないことを日々考えなくてはいけないのでその傾向はあっているように思います。ただ自己中になる傾向にもあるようです。

どなたかのお役に立てれば幸いです。