アトピー、アレルギー持ちの30代サラリーマンblog

生まれたときからアレルギーと向き合い、生まれた子供もアレルギーでした(父も祖父も喘息でした。)。連鎖を断ち切るべくアレルギーを飼い慣らし、豊かな人生を送るために日々勉強しています。

日本は底辺合わせになりつつある話(モンスターペアレント、バイトテロ、店員土下座)

こんにちは。

アレルギーとは直接関係ないですが、日本は最低辺の変な奴合わせに変化していると感じるので書きたいと思います。こういった変化は日本人の気質もさることながら、食生活の変化も多大な影響を及ぼしていると考えます。

実例と感想です。

モンスターペアレント
•『なんで私の子はこんなチンケな脇役なの』という親に合わせて主役を一人でなく何人にもやらせる。

•『私の子は運動できないのに順位つけるのおかしい』という親に合わせて、運動会のかけっことか順位つけない

•『担任の教育はどうなっているんだ』と自分の親としての教育できていないの棚に上げて学校に文句言って無理やり頑張らせる。

→上記の結果、先生方のやることやPTA活動が増え、ルールも複雑になった。私は競争があっていいと思います。どうせ社会に出たら理不尽な思いをしますので小さいときから優劣はつけるべきと思います。
社会に出て突然色んな人間関係やちょっとした優劣に一喜一憂するよりは、少しでも葛藤の練習をしたほうがスムーズに社会に溶け込めると感じます。溶け込むのが無理なら無理で、フリーランスな働き方や起業、お金の流れを親が勉強して教えるべきです。

②コンビニ店員土下座させるやつ
•日本はおもてなしの心、侘び寂び、集団心理から『お客様は神様です』になっている(なので、態度が悪いのがいると目立ってしまう。バイトテロまで行くと社会から非難を浴びてろくな人生を送れなくなる。)

•ちょっとのヘマを棚に上げて罵詈雑言を浴びせた上、土下座させる

→上記の結果、店側のルールが厳格になったり、すぐ警察を呼ばなくてはいけない状況が増えた。対人関係の距離感がわからない人が増えつつあります。昔はより強者に噛み付いていたイメージですが、今は女性や小さい子供、老人など、より弱者に噛み付く人が増えていると感じています。

本来なら、自分より強いとかできる人に噛み付いたり真似したりすることで成長できるはずなのに、弱者にすり寄ったところで自分がみじめになるだけです。意味もなく傷ついた人はもっと可哀想です。

食生活を変えて、筋トレしまくって弱者に強く生きる秘訣を教えるのは社会貢献できて良い行動だとおもいます。


③苦情センターにボロクソ文句言うやつ
•説明書をちゃんと読めばいいのにとりあえず電話してしてしまう短絡的な人

•誰も喋ってくれないし、無料で相手してくれるから些細なことをとりあえず電話する

本当に不具合で故障して困り果てて電話するのが本来の苦情センタの役割なのに、憂さ晴らしのために連絡している人が一定割合いると感じています。

NHKの『無縁社会』という特集でもあったように、ふとしたはずみで社会と隔絶してしまうので一概には言えませんが、無縁にならない努力もこれからは必要です。昔の村社会も中々の社会システムだったと言えます。

④弱い新入社員に合わせてルールを変える
•自殺したり、すぐ辞めたりするからパワハラしないようにする(そのうち叱ることも難しくなる)

•仕事を選り好みするのでやりがいを持てるように工夫する

•プライベートに踏み込んではいけない

日本の生産性は数十年間向上しないままなので『働き方改革』と称して時短や有給休暇の拡充を政府が企業に働きかけています。

そんなことをするより、小さい頃から実社会の勉強をさせたり、人生を楽しむにはどうするのかを授業に取り入れて、社会に出てから仕事を楽しむほうがよっぽど改革だと思います。楽しいことは寝る間も惜しんでやりたいと思いますのでとても重要だと感じています。そうすればそのうち生産性は上がると思います。

⑤救急や警察をお助けセンタと勘違いしている
•ゴキブリを退治してと警察に電話をする

•風邪ひいたと救急に連絡する

•真夏の夜中にエアコン壊れたからどうにかしてと警察に電話


総じて迷惑な人は周囲に相手してくれる人がいない人が多いようです。

プラス食生活の欧米化で体が処理しきれずに身体か精神に異常をきたすか、運動不足で脳も衰えるかして異常な行動に出ると思われます。

栄養•運動•睡眠がまともな人の中で異常な人はあまり見たことがありません。

『おもてなし』も大事ですが、欧米のように『もうすぐ閉店だから帰ってくれ』とか客に極端にヘコヘコしない状態になれば良いなと思います。24時間営業や土日祝営業もメリハリをつける意味でやめたほうが良いと思います。

変なやつとはなるべく関わらないためにも普段の心の持ちようが大切です。暗い人には暗い人が、明るい人には明るい人が集まりがちですので『人生楽しんでます。目指せ松岡修造』という具合に生活できると、アレルギーも良い方向に行くのではと思います。

どなたかの参考になれば幸いです。