アトピー、アレルギー持ちの30代サラリーマンblog

生まれたときからアレルギーと向き合い、生まれた子供もアレルギーでした(父も祖父も喘息でした。)。連鎖を断ち切るべくアレルギーを飼い慣らし、豊かな人生を送るために日々勉強しています。

米の品種でかゆくなったり、体調が悪くなる人がいます

こんにちは。

日本人にとって重要な『お米』について改めて考えてみたいと思います。

お米と漬物か梅干しさえあれば、日本人は心身ともに
生きていける程重要な食材です。

まず自分の現状です。
私は現在、新潟県産の特別栽培米の玄米(コシヒカリ)を
800円/kgくらいで購入し、自宅の精米機で毎回2割だけ精米して(8割残し)、
少し高い炊飯器で炊いていただいています。

新潟県産の特別栽培米を二部付きに精米
•精米機は、山本電気の『匠味米』
炊飯ジャーは、『なでしこ健康生活』を割安で購入
f:id:popai_man123:20190608154045j:plain

です。こうなってから、このご飯に勝るものは見つかっていません。
異様に美味しいです。白米がカスカスなものに感じます。
本来は炊飯ジャーより釜炊きが理想なのでしょうが、
そんな手間はかけていられません。

普通の家電量販店に売っていないこの炊飯ジャーに変えるだけでも
結構味が変わりました。

改めて玄米1kgで800円ですので、スーパーにあるものより2倍の値段します。
高いですね。

が、間食も減り、よく噛むようになったので、
そこまで家計を圧迫していないと思っていました。
しかし、よく考えるとパンなどの小麦粉が入っているものを食べませんので、
月々15kg食べており、以前に比べて大量にお米を食べています。

次に日本の『米』の現状です。
まず、農林水産省が公表している
『食料需給表』の一人当たり1年間に米の消費量です。
f:id:popai_man123:20190608152718p:plain
ごらんのとおり、みるからに減少しています。
昭和37年の118.3kgをピークに、平成28年には54.4kgと
50年で半減しています。

我が家は一人当たり年間70kgなので平均よりは多いですが、
昔の方々に比べると全然です。

昔の食生活は、おかずがほとんどなかったので
お米をたくさん食べて、あとは塩辛い漬物や梅干しとみそ汁くらいで
栄養満点ですが、『質素』といわれるものでした。

こういった面から見ても、おかずを減らして、もっとお米を食べた方が
良いなと感じました。かつ、みそ汁と漬物も増やせたらと思います。

前置きが長くなりましたが、次が本題のお米の品種です。
公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構の平成29年の調査結果です。
f:id:popai_man123:20190608124055p:plain
名前は色々ありますが、『コシヒカリ』とその親戚で
ほぼ独占されています。

コシヒカリ』や『ひとめぼれ』には、うるち米だけでなくもち米の
遺伝子も少し入っているため、もちっとして甘みも多く育てやすいです。

一昔前は、『ササニシキ』が有名でした。
ですが、育てるのが大変なため、『コシヒカリ』にとって変わられました。

この『コシヒカリ』のもち米がカラダに悪さをしてダメな人が実際にいます。

コシヒカリ』を食べるとだるくなるけど、『ササニシキ』は大丈夫といった
要領です。

私の子供も、もち米を使った『お餅』を食べ過ぎると顔が紅潮して掻くときがあります。
それは、精白のせいかもしれませんし、もち米の品種かもしれませんし、農薬が原因
かもしれません。

傾向としてそんな気がしています。

f:id:popai_man123:20190608165912j:plain


なのでもし体調が悪いけど、原因がわからない方がいましたら、一度『お米』を
疑ってみてもいいかもしれません。

アレルギーの原因で『お米』が原因と疑う前に
『油、小麦、砂糖』を断った状態でないと中々断定はできませんので注意です。

私たち家族は、最初に言いました『お米』をたくさん食べても特にアレルギー的な
反応はなく、健康的に過ごせているのでオススメです。

私たちとは次元の違うアレルギー持ちの方でも食べられるお米なので安心です。
コシヒカリ』アレルギーであれば話は別ですが…。

どなたかの参考になれば幸いです。