アトピー、アレルギー持ちの30代サラリーマンblog

生まれたときからアレルギーと向き合い、生まれた子供もアレルギーでした(父も祖父も喘息でした。)。連鎖を断ち切るべくアレルギーを飼い慣らし、豊かな人生を送るために日々勉強しています。

アレルギー改善に限らず、知識を得たら行動•実践あるのみです

こんにちは。

本を読んだり、テレビを見たり、新聞を読んだりして何気なく、「これアレルギーに役立ちそう」と思って何もしないということがたくさんありました。

これではアレルギーに対して何も進展がなく無意味な時間です。

一年間で世界の人間のぐうたらしたムダな時間をかき集めると一兆時間程度あるという推計があります。

何かを始めるとき、
やろうと思う人が10,000人いたとき、
そのうち100人が行動し、
そのうち1人しか継続しません。

働きアリの法則でも、
20%がよく働き、
60%が普通に働き、
20%が怠けるそうです。
この割合は、アリが増えても減っても変わらないそうです。

大企業では顕著ですが、めちゃくちゃ才能があり仕事ができる20%の人が80%の仕事をやってしまい、残りの80%が20%の仕事をするかサボっているらしいです。

つまり、何か本を読んで実際に何か行動した時点で上位1%に入っていると言っても過言ではありません。

行動を継続できれば、完全に集団から抜け出して圧倒的な成果が出るはずです。

昔はがむしゃらにやればよかったですが、最近はインターネットやSNSの発達であらゆる情報が大衆化して正しい努力で効率よく成果を出せる時代になりました。

これらの事実を想像するだけでも、私はやる気が起きます。アレルギーはその人自身の努力でしか改善しないのでどうしても気持ちが内にいきがちですが、客観的に自分がやっていること、できていることを見るとより一層努力や継続をできると思います。

よくある啓発本では、「〜をやりなさい」とかありますが、やはりまずは自分を信じてたくさん知識を得てすぐ実行してこれだと思うものを継続して、アレルギーを飼いならし、より良い人生を目指してほしいと思います。

小麦粉でできているパンがアトピーに悪いらしいと聞けば、一ヶ月パンをやめてみるとか、精白した砂糖が消化系に悪くてアレルギーに大敵と聞けば買い物のときに食品表示の原材料を毎回見て「こんな成分なんだ」と少し考えてみるとか、運動で汗をかいて代謝を良くしてアトピーが改善すると聞いて、じゃー5分くらいの散歩からやってみようとか、知識を得て行動するというセットは色々あると思います。

収入や生活習慣、居住環境など十人十色ですが、無理のない範囲で何かやってみてはいかがでしょうか。

合わせてこちらの記事も参考に読んでみてください。
blog.popaiman.org
blog.popaiman.org
blog.popaiman.org

どなたかの参考になれば幸いです。