アトピー、アレルギー持ちの30代サラリーマンblog

生まれたときからアレルギーと向き合い、生まれた子供もアレルギーでした(父も祖父も喘息でした。)。連鎖を断ち切るべくアレルギーを飼い慣らし、豊かな人生を送るために日々勉強しています。

食物不耐症(food torelance)はご存知ですか?

こんにちは。

先日こんなニュースを見ました。イングランドの女性が25年間悩まされていた偏頭痛が、牛乳とトウモロコシを食べなくなってスッキリなくなったというニュースです。
https://tabi-labo.com/273078/foodintrelances

「food torelance」とgooglefacebookで調べると日本とは段違いに検索数がでてきます。世界では広く知られた知識のようです。

ある特定の食べ物を食べると

✅頭痛
✅めまい
✅便秘、下痢
✅鼻水、鼻づまり
✅胃腸が重い
✅だるい、元気がない

などあらゆる症状がでるそうです。アレルギーは免疫反応の異常ですが、それとは異なるものだそうです。

最近では、乳製品でお腹を下す乳糖不耐症や、トップテニスプレイヤーのジョコビッチさんが本も出した小麦粉などに含まれグルテン不耐症が有名です。

これらは大昔からあるわけではなく、やはり現代の品種改良や遺伝子組み換え、農薬等によって引き起こされたと考えています。

より早く育つように、より害虫や冷害•干害に強くなるように、より食べる部分が多くなるように改良され続けています。

食物が急激に変化し、遺伝子が複雑になることで消化しにくくなっていきます。食べ物の変化に人間がついていけない状態です。

お米でも今の甘いこしひかりはだめだけど、昔からの品種である比較的甘くないササニシキは大丈夫という人もいます。

小麦粉で、今の精製された矮小小麦はだめだけど、生成していない全粒粉の古代小麦は大丈夫という人もいます。

もしご自身に思い当たるふしがありましたら、下記をやるのをお勧めします。

✅専門医に相談(無難な対応です)

✅七大アレルギー食品(乳製品、卵、小麦、えび、かに、そば、落花生)を2,3週間やてめて症状に変化がないか様子を見てみる

✅下記写真にある20品目を同じように2,3週間やめて症状に変化がないか様子を見てみる
f:id:popai_man123:20191129063526p:plain

とにかくやめてみるのが定石のようです。

合わせてこちらの記事も参考に読んでみてください。
blog.popaiman.org
blog.popaiman.org
blog.popaiman.org

どなたかの参考になれば幸いです。